「へるぱる2020.9,10月号」





梅雨が明けて、夏真っ盛りの今日この頃。
しかし、それもピョンと飛び越えまして、
秋の表紙、「へるぱる2020.9,10月号」
(世界文化社)が発売されています。



 

 

 

 

 

 



今回は、
中面の扉ページも描かせて頂きました。

介護のお仕事されている方だけでなく、
ご高齢者のいるご家庭にも
役立つ情報沢山で読み応えありです。


どうかよろしくお願いします。


へるぱる






 

 

 

 

July 30, 2020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村上春樹氏の「騎士団長殺し」第一部二部を読みました。

並行して「みみずくは黄昏に飛び立つ」も読んでいたので、

それが相乗効果?かよくわかりませんが、

面白かったです!ワクワクしながら、早く先を読みたい気分にもなれたし、

心突き刺さる文章も散りばめられていて、ちょっと書き留めたりしたくらい。

飛び抜けた文章力の掌でコロコロ楽しく転がっていた感じでした。

 

 

読み終えた頃、図書館で予約していた村上氏の「猫を棄てる」父親について語るとき

がタイミングよく入ってきたので、そちらを読みはじめました。

 

 

 

July 26, 2020

 

 

 

 

仕事が落ち着きましたので、
お花屋さんの友人に久しぶりに会いに行って
店先でお喋り。
ゆっくりと店の中に雀が飛んで入ってきて、餌をついばんで
またゆっくりと飛んで帰って行きました。
そういえば去年来た時も同じ光景を見たような気が。
手懐けてますな。


ケイトウと蓼を購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

 

July 22, 2020

 

熱帯

森見登美彦氏の「熱帯」、

500ページ超えの長編小説、挫折するかも、、と思いつつ読みはじめましたが。

文章自体読みやすく、

最初は東京、京都が舞台で、神保町の本屋さん、叡山電鉄、吉田山、進々堂など

身近に感じられる場面もあるし、

作者の摩訶不思議な想像力(妄想?)と筆力でぐいぐいと最後まで読めました。

 

全てを把握することは、複雑すぎて。。なので一つ一つの物語として、

夢見心地、浮遊感を味わいながら。

最後の場面で出てくる、国立民族博物館、太陽の塔も、

この小説の複雑さ怪奇さにぴったり。

 

 

 

 

本を読んで、また吉田山のてっぺんにある木造校舎のよなカフェに行きたくなりました。

窓から見る景色、京都の街並みと山々が、しっとりと美しいです。

途中、不思議な移動販売の古本屋にも出会えるかもしれないし。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22.June 2020


少しずつ友人と会ったりしています。

ちゃんと意識されてる広々と風通しの良いお店で。

しかし、上のイラストのような大人数では、まだ。。汗








アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE
 

金魚

自転車屋さんと、とんぺい君。

 

 

 

 

ミニベロ。

とてもとても乗りやすくビュンビュンスイスイと走ってくれます。

私はもう嫌になる程、大人ですが、

前カゴにE.T.乗せたらホント空まで飛べそう!

なんて思ったほど。

乗りやすいです。オススメです。

 

前カゴと言いましたが、ホントは後ろカゴを設置する事に。

本日発注したので、設置はまだこれから。

 

昨日は、その後ろカゴ問題と家のドアホン問題で、

張り切って外出していましたが、

2件とも最終的に時間だけコッテリとかかって思い通りにならず。。

雨模様の今朝を迎えました。ジメジメ。。

 

どうしたものかと。。とりあえずはじめからやり直しだな。。と思っていましたら、

ドアホン問題は、母が電気屋のとんぺい君に頼んだらいいやん、と。

そかぁ幼なじみのとんぺい君、小学生依頼会っていないなぁと

思いながら電話をしたら、

ビュンと来てくれてチャチャっと新しいドアホン取り付けてくれてました。

は、早いっ! す、素晴らしいっ!す。

 

と、その調子で、ミニベロ専門店を調べて電話したら、ご希望のカゴありますよぉ〜

取り付けられますよ〜とご丁寧な優しい有難いお返事。

 

今日は昨日と違って、二つとも心地よくスムーズ。

 

自転車屋さんと、とんぺい君。天使。

昨日の低いテンションは、直角に、空まで高くビュン。

 

 

アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハルメク2020.7月号

 

 

ハルメク2020.7月号

「専門医が教える60代からの本当に脳にいい習慣、悪い習慣」のページに

イラストを描かせていただきました。写真に合わせたイラストも描いています。

 

食材やお料理も色々と。

 

 

 

 

気温、時間、目的に合う洋服選ぶという事は脳をフル回転していいそうです。

お洒落も脳の活性化。

 

 

 

 

脳に刺激を与える適度な運動(デュアルタスク二つのことを同時に行う)

なども描きました。

 

 

 

 

 

 

もの忘れ、認知症を防ぐ新習慣に対して専門医さんが

色々と教えてくれて読み応えもたっぷり。

 

私がそうだなぁ〜と思ったのは、

目立たなくてもいいことをする、心がけをすると言う記事。

他人の評価のためでなく一人の満足感達成感は脳全体も活性化するんですね。

ひとりニコニコ、よい行いをこっそりと。

 

自己満足、バンザイ♪

 

 

 

ハルメク2020.7月号

 

 

オペラのほう。

IMG_3406.jpg

 

森でなくてオペラね?そうそうオペラのほう。

先日友人に薦められて「暗殺のオペラ」を観ました。

(「暗殺の森」は昔々に観たという記憶だけあります。。)

 

イタリアの片田舎、

薄明のグレイッシュのトーンの映像は寂しげでげで美しく、

一枚の絵が何枚も続くようで、息を呑みました。

(後で知りましたが、撮影は、私が好きすぎてロケ地にも行った事がある映画「イルポスティーノ」の方らしい。)

 

内容もサスペンスが重なっていて、観終わって、

結局、俯瞰的に観ていると思っていた私が、

今のご時世もあってか、

私もその世界に引きずりこまれて見えない巨大な何かに騙されているんじゃないかという不安な気持ちになるほど。

 

最近あまり映画を観るチャンスがなかったけれど、ネットで観ればいいのかと

時代遅れの発見。